とっても悲しいニュースが先日放送されました。

私奈良の出身地でもある茨城で
とある動物保護団体での虐待のニュース。

人間の勝手な都合によりセンター(保健所)に行くことになってしまった
わんちゃん、ねこちゃん。

その子達がまた新しい家族と出会えるよう動物保護団体シェルターがあります。

一度人間に裏切られているわんちゃん、ねこちゃんたちにとってシェルターでの受けていた虐待を考えると
とても胸が痛くなります。

人間はとても勝手で、怖くて、もう信じることができないのではないかと不安に思います。

わんちゃん、ねこちゃんは、言葉を喋ることはできませんが、
感情はあります。

痛みだって人間と同じように感じることができます。

私の出身地で虐待をされていたニュースはとても悔しく、悲しく思いました。

現在支援物資を運搬している保護団体さんは、
心からわんちゃん、ねこちゃんを救いたいと思っている保護団体さんです。

すべての動物たちが幸せに暮らせるよう
私自身にできることをこれからもしていきたいと強く思いました。