最愛のあの子の姿は無いけれど、 わたしたちに遺してくれた沢山のもの、こと・・・
たくさんの愛、優しい気持ち、思い出すだけで頬がゆるむような楽しい日々。
目には見えない大切なものだけじゃなく、 お骨や毛、歯など、たしかにあの子が居たという証。
そして、日々の生活には欠かせなかったフードやシーツ。
思い出はわたしの胸に。 あの子が居てくれた証は、大切な場所に。
そしてフードやシーツは、つぎのいのちに・・・。

旅立ったお子さまのために用意しておいたペットシーツやフードのストックをお預かりし皆さまのかわりに、信頼できる保護団体までお届け(寄付)しています。お譲り頂いた物資で、より多くの動物たちが幸せに暮らす事ができます。

捨てられてしまった、迷子になってしまった、元の飼い主さんの事情でどうしても飼えなくなってしまったなどの理由で、一時的に飼い主がおらず、保護されている犬や猫たちのこと。自治体が運営する施設や、民間の動物保護団体が運営する収容施設(シェルター)、一時預かり(フォスター)の自宅で、新しい飼い主さんを待っています。
現在約10万頭以上の犬や猫が保護されているといわれています。
全国にある保護団体では、今もたくさんのわんちゃん・猫ちゃんが今も新しい飼い主さんを待っています
保護されている犬や猫たちが、誰かの家族の一員になって、大きな愛で包まれるその日まで・・・。 ディアペットいのちのバトンプロジェクトでは、皆さまのやさしい気持ちと共に、必要な物資をお届けします。